感染症・抗菌薬は最初に読む本が大事!

スポンサードリンク

感染症まるごとこの一冊


感染症まるごと この一冊

矢野晴美先生の名著。とてもわかりやすく感染症が理解できます。研修医が最初に勉強しようと意気込む分野でもある、感染症と抗菌薬の分野。はじめになんの本をよむか?で自分の中のフレームを作れるかどうかが変わってきます。この本は感染症の原因菌ごとにフォーカスして、それへの対処を指南してくれています。本当にわかりやすく、学生時代にでも読んでおきたかった~!と思える本。これで基本は完璧になります。

絶対わかる抗菌薬はじめの一歩


絶対わかる抗菌薬はじめの一歩―一目でわかる重要ポイントと演習問題で使い方の基本をマスター

合わせて読みたいのがコチラ。同じく矢野先生のベストセラー本です。一冊目が感染症原因菌ごとに分類されていましたが、こちらは抗菌薬ごとに分類され、それが効く感染症を学びます。まるで縦糸と横糸の関係で、2冊セットで読むことで理解が深まります。抗菌薬スペクトラムを理解せずに、テキトーに使用している医師が多いのが現状です。この2冊でしっかり勉強して、デキル研修医になってください。

羊土社の「絶対わかる」シリーズはあたり・はずれが大きいので、必ず読んだ人に書評を聞いてみるといいですよ。これは文句なしでシリーズNo.1です。

レジデントのための感染症診療マニュアル


レジデントのための感染症診療マニュアル 第3版

言わずと知れた「青木本」。めちゃめちゃ分厚くて辞書として使います。膿瘍や肺炎など、commonな疾患もこれをみてしっかり勉強すれば、症例ごとに非常に勉強になるでしょう。意外と読みやすい語り口で書かれているので、読んでいて眠くなることはありません。1冊持っておくと、レポートにも役立ちますし、患者さんへの説明にも自信が持てるようになります。

ねころんで読める抗菌薬


ねころんで読める抗菌薬: やさしい抗菌薬入門書

最初の矢野先生の二冊を読んで、基本がしっかりできている人向けの本。サラッと読めますが、その分最初に読んでしまうと、「あれ、結局何が身についたの?」となってしまうと思います。逆に既修者が読めば、細菌ごとのキャラクター付けがおもしろかったり、臨床のTIPSが混じっていたりして楽しめます。

スポンサードリンク

研修医2年目になったら
3年目のことを考えよう


詳しくは>>>こちらの記事